交通事故を防ぎたい

車社会と言われてから久しい現在、誰もが十分気を付けて生活しなければならなくなりました。
それは、車のハンドルを持つ人はもちろん、歩行者も同じです。
最近は、小さなお子さんの事故だけでなく、高齢者の交通事故被害者の件数も多くなっていると聞きます。
運転者としての交通事故。
そして、歩行者としての交通事故です。
自転車に乗っている時に遭遇することもあり、特に高齢者の方は気を付けて生活をしなければなりません。
日本は益々高齢化が進むと言われています。
中には認知症の方もいるでしょう。
認知症がなくても、足腰がだいぶ衰えて来ているお年寄りもいらっしゃると思います。
だからこそ、一人一人が気をつけていかなければならないのです。
当たり前ですが、交通事故を起こしたくて起こす人はいません。
ちょっとしたことで起きてしまうこともあります。

交通事故は、夕方に多く発生しています。
中でも、午後4時から6時頃に一番多く発生しています。
この時間帯は、職場や学校から帰宅する人が多くなる時間帯でもあります。
一日のノルマを終え、疲れも出始め気も緩むこの時間帯が一番危険なのです。
また、辺りが薄暗くなってきて、見えにくくなる時間でもあります。
ですから、良く言われることでもあるのですが早め点灯が大事。
そして、気を緩めたりせず無理をしないで安全運転を心がけたいものです。

ここでは、交通事故を防ぐポイントについて紹介します。
運転する時も歩行者、自転車運転車も是非気を付けて安全に生活したいものです。

Copyright © 2014 交通事故に合わないように All Rights Reserved.